スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット恋愛のその果てに…Fin.

2009/05/23 19:21
2XXX年某月某日。

初老の男性が、娘らしき女性に連れられ、
大洗の砂浜に降りる階段の途中に腰を下ろし、静かに夕日を眺めていた。
そこへ、やはり年老いた婦人が通りかかった。
婦人は何かに気がつき、孫娘と思しき女性に連れられて、
男に静かに歩み寄った。

しばらく男の顔を眺めたあと、
「あら、相変わらず、綺麗な*☆★しているのね」と声をかけた。
永い沈黙のあと「今、お独りなんですか?」と、婦人が男に問いかけた。
男は静かに、そしてゆっくりと立ち上がり、婦人の手を取り、こう答えた。

「いいや二人だよ。……ただいま、☆*。」





いろんな遊びをして飽きていたころ、一人の女性に出逢った。
彼女の名前は「紫苑」


出逢いはね、そう。この電脳の世界の「とある掲示板」
彼女が作ったトピに、僕が何気なく書き込んだことから、この物語は始まった。
時に2004年12月


ネットから始まった、遠距離恋愛が
はたしてどんな結末を迎えるのか、僕らにはわからない。
オトコとオンナである以上、互いに感情があるし
もしかしたら、この先あっけなく終演を迎える可能性だって
ないとは言い切れない。中には綺麗ごとではすまされない
不快な表現もあるかもしれない。

ココは生身の、等身大の僕の過去のキモチの置き場所……
感情の赴くまま正直に綴ってゆきます。
いつか振り返る時が来る、その日のために。

僕らふたりが別れるか共に暮らし始める、そのいずれの日まで
どうかお付き合いを…。


+++++++++++++++++++++++++++++++++

さんきゅ。
いずれまた、ネットの海のどこかでお会いしましょう。
ご愛読、ありがとうございました。



lakiss
スポンサーサイト

2week+3days#02

2009/02/18 00:00
紫苑との仲が完全に終わり、
次につき合い始めた和希とも短命で終わった2006年11月。
このブログのメールフォームを通じて、彼女から連絡が来た。

こんにちは、ミクシイで昔お世話になってた○△×♪☆です。
覚えてますか?
覚えてなかったらスルーしちゃってください。
報告することが出来たので、メールしてみました。



会社経営者と、逢ってきたこと。
飛行機で行って夜行バスで帰るという24時間にも満たない時間。
親の管理や彼氏のことで、欝になっていた彼女をそのまま受け入れてくれたって。
逢えてよかったと思えと、そんな報告。
良かったじゃないか、って返したけど、僕の内心は少々違ったんだ。

リアルで初めて会う。その妻子ある男に、ただ抱かれる為に家出をして
逢いに行った彼女の行動を、どうしても僕は受け付けられなかった。
絶対に何かおかしい。どこか壊れている…そう思った。

だから、救ってあげたかったんだ。
出勤前、自分の性欲を満たしたい。
ただ、それだけの為に彼氏に呼ばれる。

若い娘をただ抱きたい。
それだけのために関東から四国へ呼ばれる。
そんな嗚咽にも似た日記に目を通していたら、
なんだかいたたまれないキモチになった。

彼氏でもなく、不倫相手でもない。
そんな相手が見つかるまで傍らにいてあげたいと、
そこから救い出してあげたいって、心の底から思った。

君はそんな世界にいてはいけない。
誰かのモノじゃなければ生きられない。
そんな世界にいちゃいけない。って。

そうして再びmixiに僕は戻り、1ヶ月後にはフリーのメアドを通じて
彼女とメールのやりとりを始めた。

2week+3days#01

2009/02/14 00:00
公のコミュに彼女が心情を吐露することはなく、
情報は彼女の日記に頼らざるを得なかった。

彼氏から受けていた暴行や、管理の厳しい親。
そこへ手を差しのばした、ネトゲで知り合った会社経営者。
精神不安から、薬を使わないと1日に2時間も眠れないと話していた彼女。
遠くから眺めながら何度かコメントを書いた。
時にmixiのメールを使って、そんな不毛な関係は止めろって。
いずれ妻の元へ戻る男のことなんて考えるな。
そんな奴を頼るなって。

彼氏とも別れて、別の道を探せ。
何度も何度も話しかけたよ。
そんな自分を落とすような行為は止めろって。

君がいるべき場所はそこじゃない、って……。

次第に彼女に惹かれている自分がいた。
けれども僕は、そんな自分に気づかないふりをした。
この子には彼氏がいるんだぞって、言い聞かせて。
それに、会ったこともなければ、どんな声をしてるのかさえも
お前は知らないじゃないかって。

彼女が書く日記にたまにレスを付ける。
それに彼女が答える。
そんなやりとりを2ヶ月ほどしたあと、
僕は管理コミュと共に、突如mixiから消えた。

紫苑に反対されたことが原因だったんだよね。
彼女は僕が、mixi上で他の女性と話すことを
とても嫌がっていたから。

だから…僕は消えた。
誰にも何も告げず、黙ってコミュと共に……。


もうブログも閉じて、mixiも辞めて、
完全にネットから消える予定だったからさ。

2week+3days#00

2009/02/10 12:51
2008.12.19。2年前のその日、
初めて深空の生声を、携帯を通じて聞いた日。
そして、明け方3時過ぎからskypeで会話を始めた日。

この始まりの日が、まさか終わりの日になるなんて、
一体誰が、予想できただろう。

きっと二人とも思ってもいなかった。
けれども、もう済んでしまったこと。
なぜ?いつ?どこで?歯車が狂ってしまったんだろ。
[2week+3days#00]の続きを読む

ごめん

2009/01/28 16:30
なんだか色んな思いと、言葉が溢れて来てさ、
まとまらないんだよね。まだ。

今回の深空とのデートのこと、
それから、彼女の2年間。
そして、このブログについてのまとめ。
そんなものを最後に書かなきゃ。
そう思っているんだけれど……。

なんか自分のキャパを越えた感情に今
僕自身が支配されていて、うまく表現できなくて。

だから、もう少し待ってね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。